北海道弁•••あめくさい・あめてる・あめる | 高橋正朝 #143

4362

  

 北海道といえども、春が過ぎれば暑くなる。

 北海道には梅雨はないとされていたが、今はどうなのだろうか ••••••。 

  

 私が大夕張にいた当時、たしかに梅雨といえるような天候はなかったが、それでも、6月から7月にかけては、雨が降ることが多かった。 

   

 全国的には、食中毒の注意がなされる時季である。

    

 大夕張でも、食中毒のできごとはあったろうが、私自身は聞いたことはなかった。

    

 しかし、ご飯がくさる前、すなわち「 あめくさい 」状態になることは、我が家ではたま〜にあった。

    

 ご飯が「 あめくさく 」なると、若干、酒の匂いが漂ってくるのは、皆さんご存知のとおり。

 

 

   

 その「 あめくさい 」ご飯を母親が嗅ぎ、「 ん、大丈夫だ 」と言い、その「 あめくさい 」ご飯を、我々4人の子どもは食べていた。

 滅多になかったことではあったが ••••••。

    

 ネットにあった、この「 あめる 」という北海道弁の説明の抜粋が以下である。

    

 あめるの意味と使い方〜死語になりそうな北海道の方言

 

 extraordinary.cloud

    

 「 あめる 」の意味と使い方

 北海道弁の「 あめる 」は、食べ物や飲み物に対してだけ使われます。

   

 木や金属などが「 くさる 」、気分が「 くさる 」のような場合は、「 あめる 」を使うことはありません。

    

「 あめる 」の意味   

① くさる・腐敗( ふはい )する   

② いたむ   

③ 饐える( すえる )

 

 標準語の「 くさる・いたむ・饐える 」だと完全にくさってる状態ですが、北海道弁の「 あめる 」は、「 くさってるかも知れない( 可能性がある ) 」というニュアンスもふくんだ言葉です。

        

 見た目で「 くさっている 」ような場合には「 あめる 」を使わない地方もありますが、北海道では見た目に「 くさっている 」場合でも「 あめる 」を使います。 

   

正しい使い方   

 実際には「 くさっていない 」けど、なんとなく 「 あぶない 」雰囲気のときも、見た目やにおいで判別できるほど 「 くさっている 」 飲食物にたいしても、「 あめる 」を使います。  

  

 「わやだ!あめてるべや 」   

=「 最悪だ!くさってるぞ 」

    

 「 なんかヌルヌルしてない?あめてんじゃないの? 」 

=「 なんかヌルヌルしてない?くさってる可能性があるんじゃないの?」

    

 「 あめるから、保冷剤入れてきな 」   

=「くさらないように、保冷剤入れていきなさい 」

    

 「 なまらくせー。あめてるべ 」   

=「 すごくくさい。くさってるな 」

    

 「 そんなことしてあめないの?」

=「 そんなことして、くさるかも知れないんじゃないの? 」

    

 「 まじで!あめてる? 」   

=「 本当に!くさってる?」

 

「 あめる 」の語源    

 「あめる」は、江戸時代後期の文献「お国通辞(盛岡の方言を採録した方言辞典)」にも載っている、古くから使われている方言です。 

  

 語源には諸説ありますが、これといった定説はありません。

   

① あめ=飴。 る=助動詞   

  「 あめ 」は、食用の飴。   

  「 あめる 」は、くさった飲食物が、あめのように糸を

   引く様子からできた言葉とする説です。 

   

② あ=あ!。 める=滅る   

  「 あ 」は、驚きを表す語。 「 める 」は「 減る 」で

   意味は、衰える・弱くなる。   

 

  「 あめる 」は、「 あ!衰えている 」で、食料が腐りかけ

   ている様子または腐っているようすを表現してできた

   言葉とする説です。   

 

諸説あり  

  

まとめ   

 「 あめる 」は、北海道でも聞くことが少なくなった北海道の方言です。   

 若い人は、ほとんど使わない北海道の方言で、死語になりそうな北海道弁です。

    

 飲食物がくさる・いたむ・饐えるという意味で使われますが、くさっているかも知れない・くさってる可能性があるというニュアンスをふくんで使われます。

    

 北海道には、開拓のために来道した地方の方言がたくさんあります。

    

 北海道の方言、ひとつでも多く、後世にのこしていきたいですね。

 

    (2023年5月6日 記)


 (筆者略歴)

 昭和23年11月に明石町生まれ。鹿島東小学校から鹿島中学校に進み、夕張工業高校の1年の3学期に札幌に一家で転住。以後、仕事の関係で海外で長く生活。現在は、タイ、バンコクで暮らす。


1件のコメント

  • 家庭で使われていた言葉
     
    あめる・・・という言葉も記憶に残る方言なのだけれど、それは母方の祖父母(特に祖母)の言葉と結びついていることが多い。
     
    祖父は栗沢、祖母が真谷地、母は沼ノ沢。
    皆 夕張・空知の生れだった。
     
    父だけが栃木生れ。
      
    それでも、栃木の言葉として家庭では、「い」が「え」になることが話題になったりした。
    たとえば、「えんぴつ」という言葉が、「いんぴつ」と聞こえるように発音していた。

    その頃、父方の親戚は東京に住み、行き来もあまりなかった。
    そんなこともあり方言の影響はだいぶ緩和されたのかも知れない。

     

      

     

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

アップロードファイルの最大サイズ: 5 MB。 画像, 音声, 動画, 文書, スプレッドシート, 対話型, テキスト, アーカイブ, コード, その他 をアップロードできます。 Youtube、Facebook、Twitter および他サービスへのリンクは自動的にコメント内に埋め込まれます。 ここにファイルをドロップ