昭和45年健保会館(武徳殿)

21507

 

 

写真でいえば、「三菱礦業所大夕張幼稚園から聖心第二幼稚園」の写真から右に繋がる写真。

昨日掲載した『幼稚園 園庭の名残り 1997』の時点でいえば、とうぜん広い「はらっぱ」だった。

 

   

ちょうど季節は今ごろか。

武徳殿正面の花壇にはチューリップやマリーゴールドなど色とりどりの花々が咲き誇り、プールのそばの藤棚には、薄紫色の小さな花が房をなして、頭の上から降り注ぐ。

自転車に乗った少年も藤棚の下の日陰でひと休み。

公園の周囲に植えられた、秋には赤くなるナナカマドの樹木も春には白い小さな花を咲かせていたことだろう。

 

 

 

もともと掲載していたカラー写真に、そんなことを想像しながら、色を強調し『作画』したものだ。

 

 

 

カラー写真の色調を修正し、着色した画像

 

もとになったカラー写真は、下の昭和45年健保会館の写真から。 

 

 

 

 ここ「栄町児童公園」について、昭和48年に書かれた『岳麓の里』を読むと、草創期からのこの場所の様子が走馬燈のように浮かび上がる。

  

 

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

アップロードファイルの最大サイズ: 5 MB。 画像, 音声, 動画, 文書, スプレッドシート, 対話型, テキスト, アーカイブ, コード, その他 をアップロードできます。 Youtube、Facebook、Twitter および他サービスへのリンクは自動的にコメント内に埋め込まれます。 ここにファイルをドロップ