ザリガニとタニシの棲み分け?| 高橋正朝  #158

18270

   

 ザリガニやタニシのことを書いたが、書き忘れたことがあった。

 それは、私が鹿島東小学校の生徒だったとき、明石町エリアの沢でザリガニ獲りをしていたころ、ザリガニが棲んでいた場所では、どういうわけか、私は一度もタニシを見たことがなかったのだ。

    

 逆に、タニシがいた場所では、ザリガニを見ることはなかった。

    

 これは、偶然だったのか、それとも、私の観察不足だったのかもしれないと思っていた。

 しかし、子ども心に、気にはなっていた。 だから、成人してからも、この疑問は持ち続けていた。

 こんな、どうでもいいことに、いつまでも気になっているというのが、私のアホなところなのだ。 まァ、欠点といっていい。

    

 話題が外れるが、円の11等分を試みて、何十回もイライラしたこともあった。

 そういう実にならないことには、いつまでも気になり、無駄な時間を過ごし、苛つくのだ。

 

    

 話しを元に戻すと、この、ザリガニとタニシが同じ場所で見ることはなかったのも気になり、分け入った沢を随分とウロチョロした。

 だいたい、小学校2年生から5年生ぐらいのことだ。

    

 30歳ぐらいのとき、どんな本だったか忘れたが、ザリガニがいる場所には、ナマズがいないことが書かれていた。

 その後、ナマズでなく、ドジョウ、フナがいる池には、ザリガニがいないことが書かれた本も読んだことがあった。

 石川サブロウだったか加藤唯史のマンガだったか忘れたが、そのことに言及したものもあった。

 北海道出身のマンガ家は多いが、石川サブロウもそのうちの1人だ。

    

 ザリガニとタニシの棲み分けをネットでチェックしてみたが、ザリガニが棲んでいる池には、他の魚がいることもあれば、個体数は少なくなるものの、混在するケースもあるらしい。

    

 ボランティアを集め、ザリガニと魚の混在を調査したマジメな研究もあるようだ。

    

 ザリガニを、人間が他の池に移したりして繁殖するケースがママあるらしく、だから、そのような行為を慎むことを注意した記事もあった。

    

 面倒なのは、ザリガニが、自ら地面を這って移動するケースがあるという事象だ。

   

 それらの記事を読んでみると、ザリガニと他の魚種が混在もしくは棲み分けに、注意を持った人たちも少なからずいるようである。

 

 

(2023年8月19日 記)




(筆者略歴)   

 昭和23年11月に明石町生まれ。鹿島東小学校から鹿島中学校に進み、夕張工業高校の1年の3学期に札幌に一家で転住。以後、仕事の関係で海外で長く生活。現在は、タイ、バンコクで暮らす。

メール宛先:tkhsmstm@hotmail.co.jp


    

1件のコメント

  • 自分は、子どもの頃、あまり観察や思考がニガテで、『直感』や『勘』で動くタイプの子どもだったようだ。

    ザリガニがいそうな場所、タニシがいる場所、魚がいそうな場所、なんとなく分かった。

    今、思い返すと、

    ザリガニはあまり深くない沢水の流れが淀んだ石の陰や下。

    タニシは水が溜まったような少し濁った水の中。

    魚は深い池や川の流れの淀んだ草の陰

    ・・・なんて言葉にすると、大人になっても大して変わってない(苦笑)

    きっとそれぞれにいる場所の理由はあるのかもしれないが、考えたこともなかった。
     
    ザリガニがいそうな場所、タニシがいる場所、魚がいそうな場所、確かにそれらはすべて別の場所のイメージだ。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

アップロードファイルの最大サイズ: 5 MB。 画像, 音声, 動画, 文書, スプレッドシート, 対話型, テキスト, アーカイブ, コード, その他 をアップロードできます。 Youtube、Facebook、Twitter および他サービスへのリンクは自動的にコメント内に埋め込まれます。 ここにファイルをドロップ