昭和30年代 購買会前の行き交い

2139

前回、『昭和30年代 購買会』の写真の一部を拡大した部分写真。

 

建物の姿とともに、行き交う人々の姿に当時の生活が蘇る。

  

季節はいつ頃だろうか。

 

浴衣を着た子どもの姿。

父親に手を引かれた幼い子ら。

赤ちゃんを背負った若い母親と立ち話に興じる和服姿の女性と背広を着た男性。

 

穏やかな人々の暮らし。

昭和30年代は5月に行なわれていたという、やや肌寒いお祭りの頃だろうか。

  

ここ購買会の前の通りは、栄町の炭住街と大夕張駅周辺を結ぶ道路だった。

神社、小学校のグラウンド、祭りに並ぶ露店などは、この先だ。

 

 

これを見ている人の中にも、この通りを、親に手を引かれてお出かけしたり、お小遣いをもって駆け足で走っていた人も多いに違いない。

 

画質は良くないが、当時の往来の雰囲気が伝わる

 

 

昭和40年代の購買会前の人々の姿

 

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

アップロードファイルの最大サイズ: 5 MB。 画像, 音声, 動画, 文書, スプレッドシート, 対話型, テキスト, アーカイブ, コード, その他 をアップロードできます。 Youtube、Facebook、Twitter および他サービスへのリンクは自動的にコメント内に埋め込まれます。 ここにファイルをドロップ