郷土学習資料室展示 報道資料 その1

2783

 

1997年の秋、閉校式のあとに、鹿島小学校を訪れた。

 

当時、大夕張は、人口2万人を超えた炭鉱で栄えた町が消える、そんな『ダムに沈む街』として、さかんに各種報道機関で取り上げられ、全国報道されていた。

 

多くのTV関係者・新聞記者、ルポライターなどが、現地に入って取材活動を続けていた。

 

立ち退きがせまる中、取材を受ける住民たち、中でも子どもたちはどんな思いでそれを見ていたのだろうか。

 

『週刊女性 1997年7月15日号』に掲載された記事が郷土学習資料室に掲載されていた。

 

グラフルポ

鎌田慧の眼

開発優先の小さな犠牲者 北海道夕張市

ぼくらの学び舎がダムに沈む

 

 

 

 

 

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

アップロードファイルの最大サイズ: 5 MB。 画像, 音声, 動画, 文書, スプレッドシート, 対話型, テキスト, アーカイブ, コード, その他 をアップロードできます。 Youtube、Facebook、Twitter および他サービスへのリンクは自動的にコメント内に埋め込まれます。 ここにファイルをドロップ