シューパロ湖全景(パノラマ)

1277

昭和40年頃のシューパロ湖全景


大夕張とシューパロ湖 【矢野和裕】2016/07/19 _ 23:20:19

 釣りが好きで、この町でコーラを飲み食料を調達していた。春はイワナ、秋は鯉、冬にワカサギと札幌から通った。

 特に冬のシューパロ湖を歩いて向こう岸へ行くと、色は消え空気は凍り音も消える。 上に炭住があることを忘れてしまう。  

 私が生まれた町は登川です。登川、シューパロ、大夕張間は、新しいダムができて通れなくなった。釣りをしていた頃は、シューパロから占冠にも行けた。

 ダムができる前は、穂別からシューパロを通り幾春別へ行く道もあった。(猟師から聞いた話)  ここに40年間通い続け「ふるさと」と言う過去形のものになっていない。

 ここでは私の時間もここの時間も今の時間で止まっている。

 ここに過去は存在しない。と言いつつ時間のずれを確かめている自分に気づいている。


コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

five × 1 =

アップロードファイルの最大サイズ: 5 MB。 画像, 音声, 動画, 文書, スプレッドシート, 対話型, テキスト, アーカイブ, コード, その他 をアップロードできます。 Youtube、Facebook、Twitter および他サービスへのリンクは自動的にコメント内に埋め込まれます。 ここにファイルをドロップ