明石町14丁目

6848

昭和45年頃。

明石町は、シューパロ川に近い1丁目から順番に、明石町駅近くの15丁目まで炭鉱住宅がきれいに建ち並んでいた。

 

ここは、14丁目の住宅そば。明石町駅に近い住宅の一角。右手後ろに共同水道の小屋。

 

休日なのだろう、屋根には日の丸が掲げられている。何を食べているのだろうか、袋入りのアイスキャンディ?それとものしイカ?

一方の補助輪がとれた自転車を中心に、集まっている子どもたち。当時の多彩な人間関係の一端が感じることが出来る写真。

白黒写真に着色した画像

  

男の子・女の子、年長の子、年少の子町中が遊び場だった。

 

下は、明石町の住宅地図と、写真を対比しながら、昭和34年の伊勢湾台風の時の明石町の様子を書いた高橋さんの思い出。

 

 

(2020年2月16日 掲載)

(2023年3月13日 更新)

 

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

アップロードファイルの最大サイズ: 5 MB。 画像, 音声, 動画, 文書, スプレッドシート, 対話型, テキスト, アーカイブ, コード, その他 をアップロードできます。 Youtube、Facebook、Twitter および他サービスへのリンクは自動的にコメント内に埋め込まれます。 ここにファイルをドロップ