フジキ式 石炭ストーブ

2929

昭和62年

 さよなら列車直前のだるまストーブです。

 この石炭ストーブは、昭和62年に三菱石炭鉱業鉄道が廃止になってからも、南大夕張に置かれていた列車内にあります。

 この石炭ストーブは昭和51年の春から登場した「フジキ式」と呼ばれるもので、蒸気機関車時代に活躍したダルマストーブは「たこストーブ」「地球型ストーブ」とも呼ばれる球形のストーブでした。


蒸気機関車時代に活躍しただるまストーブ。

https://ooyubari.com/2020/07/07/darumaa/

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。

one × 1 =

アップロードファイルの最大サイズ: 5 MB。 画像, 音声, 動画, 文書, スプレッドシート, interactive, テキスト, アーカイブ, コード, その他 をアップロードできます。 Youtube、Facebook、Twitter および他サービスへのリンクは自動的にコメント内に埋め込まれます。 ここにファイルをドロップ