三菱バス 車庫前

205

 大夕張営業所の車庫前の二台のバス。青・赤・黄緑・白のカラーの三菱バスなら、自分は札幌線のバスの印象だ。

 昭和44,5年、中学生の頃、だろうか。『車庫前』を利用していたことがある。

 山内線ではない、『札幌-大夕張』の間を利用するときだった。

 特急札幌線は、『大夕張駅』が発着だったので、『車庫前』は正式な停留所では、なかったと思う。

 それでも運転手さんにいえば、札幌から、終点の『大夕張駅』から、『車庫前』まで乗せていってもらうことができたのだった。

 『大夕張駅前』で降りても、『車庫前』で降りても、家までの距離はたいして変わらなかった。

 『大夕張駅前』から、山内線では通らなかった、購買会の前、栄町商店街の道路を炭砿病院横の『車庫前』まで、すこしでもバスに乗っていたかった。

 それに、なんといっても、ほとんどの乗客が降りた後のガランとした車内と、軽快にスピードを上げて大夕張の真ん中を突っ切るバスから見る景色が、いつもと違って見えて、新鮮で楽しかったのだ。

 

 

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

fourteen − two =

The maximum upload file size: 5 MB. You can upload: image, audio, video, document, spreadsheet, interactive, text, archive, code, other. Links to YouTube, Facebook, Twitter and other services inserted in the comment text will be automatically embedded. Drop file here