南大夕張駅を発車した列車

393

 昭和46年、8月22日。南大夕張駅を発車した列車。

 このあたり奥の高台には、南部小学校の姿が見えている。

 南大夕張までの風景と一転し、この先は、目の前にシューパロ湖、両側に険しい山がせまり、いよいよ山奥に入ったという感じがつよくしたものだ。

 それは、大夕張の住民にとっては、『やっと帰ってきたか』という山の懐に抱かれた安心感に近いものを感じる瞬間でもある。

  

昭和46年8月

写真について 【奥山道紀】
 9600形SLの3重連(昭和46年8月22日・南大夕張にて)。

 鉄道友の会,北大鉄道研究会で撮影会を開催。

 「No.3」「No.7」「No.5」+セキ21両+客車1両,南大夕張~大夕張炭山間,混合31列車』



 この先、青葉トンネルに入り、抜けたあとのシューパロ湖畔風景は、次の『昭和61年(1986年)大夕張の面影』の乗用車からの映像で、たどることができる。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

seventeen + 12 =

The maximum upload file size: 5 MB. You can upload: image, audio, video, document, spreadsheet, interactive, text, archive, code, other. Links to YouTube, Facebook, Twitter and other services inserted in the comment text will be automatically embedded. Drop file here