大夕張礦業所 私の印鑑|Kawauchi Masami

1156

 私の大夕張時代、三菱大夕張鉱業所の『印鑑』があります。

 私の場合、少年工に入った時、会社で作ってくれました。

 会社はこの印鑑しか、認めてくれませんでした。親父も同じもの持っていました。私が、2〜3歳の頃、親父のこの印鑑と社員証を紐で繋げて、もっていました。

 社員証に、いっぱい印鑑を押して、詰所で叱られてる、母親を覚えています。

 なので 昭和32年頃には 印鑑の規格、同じだったと思います。

 この印鑑じゃないと、給料貰えませんでした。

 四角で、名字と名前がはいっていました。

 母親は給料日になると、親父の印鑑と私の印鑑を持って、それぞれの給料をもらっていました。

 私は画数少ないけど、例えば『長谷川 巌』とか、彫れたのですかね。今となっては、わかりませんが、画数の多い印鑑見てみたいですね。

(2020年10月9日 記)

1件のコメント

  • この印鑑同じものが家にありました。毎月14日になると、母が詰所に給料を貰うとき、この印鑑を持っていきました。川内さんのカキコを見るまで、会社指定のものたは知りませんでした。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。

12 − four =

アップロードファイルの最大サイズ: 5 MB。 画像, 音声, 動画, 文書, スプレッドシート, 対話型, テキスト, アーカイブ, コード, その他 をアップロードできます。 Youtube、Facebook、Twitter および他サービスへのリンクは自動的にコメント内に埋め込まれます。 ここにファイルをドロップ