雨の日の栄町アパート

838

昭和52年8月。栄町1丁目20-13。

山間のにぎやかだった頃の街に住んでいても、雨がふったこんな日は、手がとどきそうなくらいに低く雲がかかり、なんとなくもの憂げで悲しく、陰気な気分にさせられる・・・。この写真を見て、子どもの頃に感じた気分、ふと思いだしました。

2件のコメント

  • 閉山の年までここに住んでいました。こんなに寂れた感じだったんですね。

    後に同級生のご家族が住まわれたと伺いました。

    • カメラのレンズにも雨のしずくがついた跡が・・・。
      それが、いっそう寂寥感を深めますね。
      撮影者の思いが伝わったのでしょうか。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。

seventeen − 14 =

アップロードファイルの最大サイズ: 5 MB。 画像, 音声, 動画, 文書, スプレッドシート, interactive, テキスト, アーカイブ, コード, その他 をアップロードできます。 Youtube、Facebook、Twitter および他サービスへのリンクは自動的にコメント内に埋め込まれます。 ここにファイルをドロップ