明石町より白金方面

1338

 明石町の高台、夕張東高校のグラウンド付近(現大夕張眺望公園)から、白金方面からみた写真だろう。

 この方角でみると、シューパロ湖から上流のシューパロ川が、曲がりくねって蛇行していたことがよくわかる。写真右下に、明石町にあったサイレンらしきものが見えている。

 明石町にあったサイレンについては、高橋正朝さんの『続・大夕張つれづれ#18』の中でふれている。

白黒写真に着色した画像

昭和40年頃、明石町から見た白金方面。

落橋前の白金の吊り橋  【Masami Kawauchi

真正面にある山 のちに白い電波の 反射盤付いた山です その右側にダムが有ります。

道路を辿って行くと農家の古田さん家と奥に小林さん家が見えます。


関連して、明石町の高台、夕張東高校からみた町の写真

1件のコメント

  • 【電波反射鏡】

    昭和43年頃、明石町を過ぎた山に、テレビ放送が全国に向けて本格化するにつれて、電波の反射鏡がついていました。それは、大夕張から札幌や夕張に向かうバスの中からも見えていたはずでした。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

3 × 2 =

アップロードファイルの最大サイズ: 5 MB。 画像, 音声, 動画, 文書, スプレッドシート, 対話型, テキスト, アーカイブ, コード, その他 をアップロードできます。 Youtube、Facebook、Twitter および他サービスへのリンクは自動的にコメント内に埋め込まれます。 ここにファイルをドロップ