大夕張ダム完成による常盤町の水没家屋 

744

 この『大夕張ダム完成による常盤町の水没家屋』の資料を作ってくださった岩田さんは、昭和24年に常盤町が建設された際、新しく完成した炭住に宝町から引越しました。

 

 初代暁橋の入り口、左側の『No.266,50』の住宅。青い線で囲まれた住宅です。

 ここから、大夕張幼稚園、鹿島小、鹿島東小、鹿島中に通ったそうです。

 (詳しくは、『住民登録窓口』-2021年4月29日 に投稿された岩田直彦さんの書き込みをご覧下さい。)

 

 しかし、昭和35年頃、大夕張ダム湛水により、水没するため、鹿島東小グラウンド上側に準備された、総2階建ての 『青葉荘』 に移住することになったのだそうです。

 

 常盤町建設から10年で、架けかえられた三つの橋も含めて、これら家屋は、水没の憂き目にあったということですね。

 

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。

19 − nine =

アップロードファイルの最大サイズ: 5 MB。 画像, 音声, 動画, 文書, スプレッドシート, interactive, テキスト, アーカイブ, コード, その他 をアップロードできます。 Youtube、Facebook、Twitter および他サービスへのリンクは自動的にコメント内に埋め込まれます。 ここにファイルをドロップ