営林署官舎 | 片山利明

1015
千年町の営林署官舎位置(赤枠)

 
 私の父は営林署に勤務しており、私も昭和43年ころ、千年町の官舎に住んでいました。(父の弟は、鹿島東小の教師でした)

 私は、昭和38年生まれで、幼稚園から小3まで大夕張に住んでいました。

 

 5年程前に鹿島東小(3年で転校しましたが)の跡地をみて、もの悲しい思いに包まれたのを記憶しています。

 

 
 子供の頃、所(トコロ)商店という、駄菓子屋さんで、10円玉を握りしめて、おもちゃや、お菓子を買った記憶があります。

 
 当時、100円あれば、2~3週間は豪遊できました。

 

 営林署官舎は、営林署の近くと、東小学校側の2個所にわかれていました。

 

 私はその両方とも、住んでいましたが、小学校に近い方の官舎には、古タイヤをならべた小さい公園がありました。

 児童公園で、嫌な上級生や、恐いおじさんたちが、野球をしているときは、そこで官舎の友達と遊んでいました。

 

 たしか、斎藤商店と官舎の間には、山内さんという家があったと思います。

 
 最新のおもちゃ『光線銃SP』や『スパイ手帳』などを誰よりも早く持っていてとてもうらやましかった。

 
 昔の大夕張を忘れずにいる人が、数多くいることを知り、感激しました。

 みなさんの投稿を読んでいると、当時の記憶が鮮やかによみがえったり、全然記憶違いだったりすることに気づきます。

 

(1997年12月 記)

赤枠=営林署官舎 (散歩道-昭和43年住宅地図より)

思い出ばなし

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。

five × 5 =

アップロードファイルの最大サイズ: 5 MB。 画像, 音声, 動画, 文書, スプレッドシート, interactive, テキスト, アーカイブ, コード, その他 をアップロードできます。 Youtube、Facebook、Twitter および他サービスへのリンクは自動的にコメント内に埋め込まれます。 ここにファイルをドロップ