明石町に住んでいました | 菅野彰彦

777


 当時は小学校の低学年で、3年を終えると釧路に越しました。

 
 線路づたいに千歳や大夕張まで歩いていったこともよくありました。

 明石町の鉄橋の近くにあった古い駅舎は秘密基地でした。

 
 明石町に住んでいたころは、夕張がとても都会に思えていて、それも懐かしいですね。

 
 不思議と寂しいという気はしなくて、この機会に夕張について色々と話題にできることを嬉しく思っています。

 ずっと思い出の中に埃をかぶって置き去りにされていたのを引っ張り出してくれることになったのですから。

 

(1997年 5月18日 記)


随想

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。

one × 3 =

アップロードファイルの最大サイズ: 5 MB。 画像, 音声, 動画, 文書, スプレッドシート, interactive, テキスト, アーカイブ, コード, その他 をアップロードできます。 Youtube、Facebook、Twitter および他サービスへのリンクは自動的にコメント内に埋め込まれます。 ここにファイルをドロップ