昭和27年 鹿島東小学校学芸会

415

 

写真が載っていた鹿島東小学校閉校記念誌のキャプションには、

『第1回学芸会の風景 体育館がなくて大夕張劇場での公演とか・・・』

と記載されている。

 

鹿島東小学校は、昭和26年6月開校、昭和27年は学級数12、児童数604人だった。

体育館ができたのは、新築校舎に遅れること約一年、昭和27年10月のことだった。

職員室や、校長室ができたのは、さらにその一年後のことだった。

鹿島小学校の児童数が激増したことにより、とにかく児童の移動が急がれていたのだろう。

 

そのわずかな期間の出来事だったようである。

 

 

ところで

 

子どもの頃見た協和会館の舞台の袖幕には『寄贈◯◯』と刺繍が入っていた。(◯◯の部分は覚えていない)。

一般的に袖幕には、そこの劇場名や幕の寄贈者の名前が入るらしい。

 

この舞台の袖幕にもはっきりとは読めないが、八文字が書かれているのがわかる。

私は、それを読んでいくなかで、この『2丁目3番地』にも掲載されている昭和20年代のある場所の写真を思い出した。

 

袖幕の文字を拡大した写真を下に掲載します。

大夕張◯◯◯◯◯

さて、あなたはなんと読むだろうか。

 

 

『第1回学芸会の風景 体育館がなくて大夕張劇場での公演とか・・・』

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。

nineteen + eleven =

アップロードファイルの最大サイズ: 5 MB。 画像, 音声, 動画, 文書, スプレッドシート, 対話型, テキスト, アーカイブ, コード, その他 をアップロードできます。 Youtube、Facebook、Twitter および他サービスへのリンクは自動的にコメント内に埋め込まれます。 ここにファイルをドロップ