明石警察官駐在所

17464

昭和45年 明石町駅近くの通りに面して建っていた駐在所。

『明石警察駐在所』の看板がかかる。

 掲示板には、空き巣にに入ろうとしている泥棒のような人物と鍵のマーク。

 『鍵をかけましょう』という呼びかけだろうか。

 

 人の多かった大夕張では、当時鍵をかけていても、空き巣に入られることがあった。

 我が家でもその被害にあった。

 

 過疎化が進んだ晩年の大夕張では、「鍵をかける人はいない」と、報道で美談のように語られることのあった街だがけっしてそんなことはなかった。

 

 

 明石町に駐在所が置かれたのは、昭和25年(1950年)のこと。

 三菱大夕張炭砿の閉山後の統廃合で昭和49年(1974年)に廃止された。

 

 派出所脇には自転車。駐在さんが乗っていたものだろうか。

 

 

白黒写真に着色した画像

 

 

大夕張 明石町駐在所
昭和45年明石警察官駐在所

【大夕張の警察】

  • 昭和4年
    夕張警察署大夕張警部補派出所(大夕張地区,沼の沢,清水沢,真谷地炭山と市街を受持ち区域)と大夕張巡査駐在所が設置される。
  • 昭和6年
    南大夕張巡査駐在所が大夕張南巡査駐在所として移転。
  • 昭和15年
    大夕張炭山と称して請願巡査部長1名と巡査1名の派出所が置かれ警備にあたる。
  • 昭和17年
    鹿島警部補派出所鹿島巡査駐在所,鹿島南巡査駐在所と改称(大夕張から鹿島への字名改称による)
  • 昭和25年4月
    明石町に巡査駐在所が新設(明石町,常盤,桜ヶ岡,開拓を受持ち区域)
  • 昭和27年8月
    鹿島警部補派出所は警部派出所に昇格。
  • 昭和28年11月
    夕張市警察署鹿島分署が設置。(鹿島と南部地区の警備を担当)
  • 昭和29年12月
    札幌方面夕張方面警察署鹿島警部派出所となる(新警察法)。
  • 昭和43年4月
    巡査部長の警察官派出所となる(人口減)。
  • 昭和49年4月
    閉山後の統廃合で,鹿島南警察官駐在所(千年町)のあとに鹿島警察官駐在所設置。

父が勤務した明石警察官駐在所     【上田 勉(top gun)】   (2007/01/29(Mon) 13:24)

 南高を卒業したのは昭和37年。

 すぐ航空自衛隊に入りジェツト戦闘機パイロットとして定年まで在職し平成10年に退官した。

 

 父は警察官であったため昭和43年頃までは、鹿島地区で勤務し、この頃は、明石町の駅前交番にいた。

 

 自衛隊を定年後一度鹿島に行ってみたが中学校、小学校もなかった。

 

 勿論かつて住し写真のような家もなく残念な思いをした。

 
 何度かHPの写真を見て、懐かしくて投稿しました。

(2020年2月18日 掲載)

(2023年9月11日 更新)

 

 

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

アップロードファイルの最大サイズ: 5 MB。 画像, 音声, 動画, 文書, スプレッドシート, 対話型, テキスト, アーカイブ, コード, その他 をアップロードできます。 Youtube、Facebook、Twitter および他サービスへのリンクは自動的にコメント内に埋め込まれます。 ここにファイルをドロップ