大夕張礦業所機械工場の思い出 |Kawauchi Masami

1672
1997年 夏 イサオ製作所 

 

 大夕張のイサオ製作所、元は三菱鉱業所の機械工場でした。

 昭和45年、私が16歳の時、初めて働いた工場でした。

 この工場は、製作機械が有って、旋盤や、色んな機械が有りました。

 機械自体には、動力(モーター)など、付いておらず、 工場の端に、大きいモーターがあり、天井の端から端までの長いシャフトを、回していました。

 動力は、このシャフトだけなので、各機械の所にプーリが付いていて、使う機械のところだけ、平ベルトを 掛け使います。

 平ベルトの所には、ベルト掛け用のロープが、吊り下がっていました。

 皆んな器用に、掛けていました。

 機械を使い終わったら、平ベルトを外しました。

 親モーターは、1日中回っていました。

(2021年4月26日 記)


 (筆者紹介)

 昭和29年6月生まれ。三男として 南清水沢で生まれ、2歳の時、緑町に、のち春日町で18歳まで大夕張で暮らす。昭和48年、一時大阪へ転出するが、昭和50年帰郷、南大夕張鉱業所ヘ就職し、平成2年3月の閉山まで勤務。



思い出の記

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

1 × 2 =

アップロードファイルの最大サイズ: 5 MB。 画像, 音声, 動画, 文書, スプレッドシート, 対話型, テキスト, アーカイブ, コード, その他 をアップロードできます。 Youtube、Facebook、Twitter および他サービスへのリンクは自動的にコメント内に埋め込まれます。 ここにファイルをドロップ