苛性ソーダと石けん その1|高橋正朝 #56

3496

 私が鹿島東小学校の高学年だったあるとき、授業で、先生が、石けんを作ろうと言った。 理科の教科書に、石けんのことが出ていたからだ。

   

 石けんの具体的な作り方が、教科書に載っていたわけではない。 油と苛性ソーダで作ると書かれていただけだったように思う。

 

 油は皮膚につくとべとつくから、それから作られた石けんが、なぜ、汚れをおとすことができるのか、疑問に感じた。 

   

 苛性ソーダという名称を認識したのはそのときだったが、苛性ソーダが、水酸化ナトリウムの別称だというのは、小学生だった当時は知らなかった。

   

 ソーダという名称は知っていた。

   

 私が、鹿島東小学校3年生のときの雪が降っていた時期の夜、母親が、自分が子どものときに歌っていた歌を、ストーブの横に寝そべっていた私に教えてくれたのだ。

    

 『 ソーダソーダ、ソーダ屋のソースケさんが、ソーダ飲んで死んだソーダ、ソーシキまんじゅうでっかいソーダ 』

    

 この歌の詞は、ネットでチェックしたら、若干違うバージョンがあるようだ。

    

 翌年の春、この歌は、下校時、東小学校の門を出た辺りで、誰かが歌っていたのが聞こえてきた。 だから、子どもの間では、それなりに歌われていたのだろう。

  

 ただし、

 

 『 たんたんタヌキのキン●●は、カーゼもないのにブ〜ラブラ 』

 

という、品のない歌ほどには有名ではなかった。

      

『 ソーダ屋のソースケさんが、ソーダ飲んで死んだソーダ、』で、ソーダを飲んだことと、ソースケさんが死んだことの因果関係に疑問をまったく覚えず、この歌は、3〜4回口ずさんだだけで覚えてしまった。

    

 この歌のソーダは、クリームソーダの炭酸飲料のソーダではなく、苛性ソーダのソーダである。 このことは誰でも識っていることだが、私はソーダという名称にこだわり、長らく混同していた。

     

 授業で石けん作りをしようとした先生は、黒板に、材料を書いたが、私や大多数の生徒は、全然真剣味がなかった。 しかし、ある女子生徒が、薬局に、苛性ソーダを買いに行った。

  

 そこで、薬局の人に、苛性ソーダは子どもには買えないことを知らされた。 その女子生徒は、先生に報せ、結果、石けん作りは実施されなかった。

(2021年9月4日)

 


 (筆者略歴)

 昭和23年11月に明石町生まれ。鹿島東小学校から鹿島中学校に進み、夕張工業高校の1年の3学期に札幌に一家で転住。以後、仕事の関係で海外で長く生活。現在は、タイ、バンコクで暮らす。


1件のコメント

  • 楽しい「言葉遊び歌」
    リズムにのってはやし立てるように歌う唄。
    谷川俊太郎さんの「いるかの歌」なども好きで、若い頃絵本を買ったことがあります。

    原作の阪田寛夫さんは、詩や児童文学で名前を覚えていましたが、昭和49年には、芥川賞も受賞した小説家でもあったんですね。

    『そうだ村の村長さん』 阪田寛夫

     そうだむらの そんちょうさんが
     ソーダのんで しんだそうだ
     みんながいうのは ウッソーだって
     そんちょうさんがのんだソーダは
     クリームソーダのソーダだそうだ
     おかわり十かいしたそうだ
     うみのいろしたクリームソーダ
     なかでおよげばなおうまそうだ
     クリームソーダのプールはどうだと
     みんなとそうだんはじめたそうだ
     そうだむらではおおそうどう
     プールはつめたい ぶっそうだ
     ふろにかぎるときまったそうだ
     そうだよタンサンクリームおんせん
     あったかそうだ あまそうだ
     おとなもこどもも くうそうだけで
     とろけるゆめみてねたそうだ

    子どもの頃の、遊び歌を久しぶりに思い出しました。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。

eight + 13 =

アップロードファイルの最大サイズ: 5 MB。 画像, 音声, 動画, 文書, スプレッドシート, interactive, テキスト, アーカイブ, コード, その他 をアップロードできます。 Youtube、Facebook、Twitter および他サービスへのリンクは自動的にコメント内に埋め込まれます。 ここにファイルをドロップ