母の大夕張への思い|二木 晃

1137


 私の母は、当時、炭砿病院の隣にあった「家政塾」の和裁と料理の先生をしていました。

 平成十二年に、名古屋のわが家で亡くなりましたが、時折、大夕張の生活を懐かしみ、短歌に記しておったようです。

 先日、遺品を整理していたところ、大夕張への思いをつづった短歌数編が出てきましたので、拙いものですが、供養のためにご紹介したいと思います。

 
 ●炭住の 暮らし慣れて 隣家に貧しき味噌醤 油など用立てもする

 
 ●今にして 恋し炭山の温かさ あけすけの物言いも 隔てなき心か

 
 ●幸せも 不幸せも 等しくうべないつ 炭山の女らの明るし日々を


 ●廃山となりて 跡形もなき社宅 富士見町は ここら辺り 雪しまく中

 
 ●今にして 炭山の暮らしの 温かさ 吾には優しき思い出ばかり

 

(2005年11月08日 記)



随想

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。

19 + sixteen =

アップロードファイルの最大サイズ: 5 MB。 画像, 音声, 動画, 文書, スプレッドシート, interactive, テキスト, アーカイブ, コード, その他 をアップロードできます。 Youtube、Facebook、Twitter および他サービスへのリンクは自動的にコメント内に埋め込まれます。 ここにファイルをドロップ