三菱大夕張高等家政学校

2165

三菱大夕張高等家政学校は、昭和21年7月1日創立。

 

三菱大夕張礦業所では、従業員子女の教育を重視して、大夕張学園女子家政塾として昼夜の授業をおこなった。

 

160名収容、本科2年、専修科1年、毎年70名から80名の卒業者をだした。

栄町3丁目18番に幼稚園と同居していた。

家政一般学を教授し、家庭主婦としての教養を高めることを目的とした。

昭和30年代に廃校しているが、何年であるかは定かではない。

何名送り出しのか、夜間部をいつもうけ、いつ廃したのかといったことも不明である。

 

(昭和53年(1978年)発行『鹿島のあゆみ』による)


1件のコメント

  • 幼稚園と同居した「三菱大夕張家政学校」160名の生徒がいて、幼稚園と同居ならかなりの大きさの建物になるはず。
    『栄町3丁目18番』というとその頃なら、栄町浴場と理容院のとなりのあたりだと思うけど昭和34年の『ソニー号の上空』から探してもそれらしき建物もあとも発見できない。・・。健保会館横にすでにりっぱな幼稚園の園舎があり、戦前の絵葉書にのっていた病院横の大夕張幼稚園の建物(これまたりっぱ)もある。戦後、病院横から、栄町3丁目に移ったという幼稚園はどこ??
    _

    三菱大夕張礦業所幼稚園

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。

ten + fifteen =

アップロードファイルの最大サイズ: 5 MB。 画像, 音声, 動画, 文書, スプレッドシート, interactive, テキスト, アーカイブ, コード, その他 をアップロードできます。 Youtube、Facebook、Twitter および他サービスへのリンクは自動的にコメント内に埋め込まれます。 ここにファイルをドロップ