夕張シューパロダムに思う|高橋歌子

3512

 

平成26年(2014年)夕張シューパロダム試験湛水開始 

2014年3月、試験湛水開始。

その時はずっと気持ちがどんよりしていました。

夕張シューパロダムを受け入れられるまで、ずいぶん時間がかかりました。

 

なんとか受け入れられたのは平成30年(2018年)の台風で大被害が出た時でした。

 

シューパロダムだけが余裕で溜め込んでて、結果石狩・空知の被害がそうでもなかったって言うのが。 あの狭い大夕張が犠牲になったお陰で、あの広い石狩平野が助かりました。

 

 

それでも水位が下がって出てきた大夕張を見た人たちに、「エモい」って言われるのは違和感を感じます。


 

随想

1件のコメント

  • 違和感。言い方は、極端ですが、父母の変わり果てた姿を見て、懐かしいとは思えない、そんな感情に近い?
    とはいえ、行ってないので、いけばいったで別物の感情が沸き起こるかもしれない。
    行ったときにどんな感情が自分にわき上がるのか・・。
    _
    新しいダムへの旧住民の一人としての尊い思いを大切にしたい。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

7 − one =

アップロードファイルの最大サイズ: 5 MB。 画像, 音声, 動画, 文書, スプレッドシート, 対話型, テキスト, アーカイブ, コード, その他 をアップロードできます。 Youtube、Facebook、Twitter および他サービスへのリンクは自動的にコメント内に埋め込まれます。 ここにファイルをドロップ