採炭から選炭へ(後編 選炭)|Kawauchi Masami

208

 

選炭機 石炭の選別

 選炭機では『1号炭』、『2号炭』、『ズリ』に分けられます。

コンベアにのって石炭が運ばれてきました。

 水に入れて煽っていきます。

 水は流れています。その中でズリは沈み、ズリ山へ運ばれます。

 

  少し軽い石炭は2号炭になります。

 2号炭の荒目は家庭に配られます。細い炭は原料炭に混ぜて出荷されます。

 2号炭は、少し質が悪くて また直径3cmぐらいの振るいにかけられます。穴の通った石炭は 1号炭と混ぜられ、出荷します。

 落ちなかった荒目は、山炊き炭として、各家庭に運ばれます。1日10tも取れたでしょうか? 南大夕張ではこれで間に合いました。

 ほとんど石油ストーブで、石炭ストーブの家は少なかったです。1号炭を家庭に配ると、火力が強くて、ストーブを溶かしてしまうそうです。

  大夕張の家庭では、石炭ストーブが主流だったので、原料炭にズリを混ぜていたそうです。そういえば、灰が多かったですね。

 

貯炭場 

 石炭を貯めるサイロには、約1000t入ります。

 選炭機で洗った石炭は、約1300t、選炭機に、貯蔵出来ます。

  1日に洗える石炭の量は、ズリの混じった石炭を1300tぐらい洗えますが、 実際は、1000tから、1200t 洗っていました。

 1日でできる石炭は、800〜1000tぐらいでした。 私達の時は、トラック輸送で35〜40台のダンプで、苫小牧を2往復してました。

 出炭の多い日は、3回走る事も有りました。ダンプは、朝、美唄から来ていたダンプも有りました。運転手に聞くと安定して仕事が有ると言ってました。

 積み込みは、朝5時ごろから始まって、1回目の積み込み、8時過ぎ迄かかりました。

 6時間ぐらいで、苫小牧を往復して、昼11時頃から、2回目の積み込みが始まりました。

 石炭のサイロが、満杯になると、外のタワーから落ちて、外の貯炭場に貯まります。

 サイロの石炭は自分で落ちますが、外に落とした石炭は ブルドーザーで押さなければダメでした。

 

(2021年12月7日 記)

『採炭から選炭へ(前編 採炭)』はこちら


(筆者紹介)

昭和29年6月生まれ三男として 南清水沢で生まれ、2歳の時、緑町に、のち春日町で18歳まで大夕張で暮らす。昭和48年、一時大阪へ転出するが、昭和50年帰郷、南大夕張鉱業所ヘ就職し、平成2年3月の閉山まで勤務。


思い出の記

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

twenty + eleven =

The maximum upload file size: 5 MB. You can upload: image, audio, video, document, spreadsheet, interactive, text, archive, code, other. Links to YouTube, Facebook, Twitter and other services inserted in the comment text will be automatically embedded. Drop file here