昭和8年 大夕張礦業所

1350

こちらの写真も、『昭和8年 栄町』の写真と同じように、かつて九州の大学のデジタル資料で公開されていた画像の2枚のうちの一枚。

石炭の積み込み場のあたりには、石炭車を連結した蒸気機関車が白煙をあげているのが見える。

その向こうの工場地帯は、開発までの原野が広がっている。

  

原野を切り開いて建設された、礦業所一帯は、このころはまだ、人の目にも新築の施設群が威容を誇っていたことだろう。

 

白黒写真に着色した画像

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。

15 + one =

アップロードファイルの最大サイズ: 5 MB。 画像, 音声, 動画, 文書, スプレッドシート, interactive, テキスト, アーカイブ, コード, その他 をアップロードできます。 Youtube、Facebook、Twitter および他サービスへのリンクは自動的にコメント内に埋め込まれます。 ここにファイルをドロップ