主張発表大会

3289

鹿島中学校『昭和45年度主張発表大会』

昭和46年の卒業アルバムから。

閉山後、鹿島中学校の生徒数減により多くの学校行事がなくなったという。この盛大な主張発表大会もなくなったの行事の一つなのだろうか。

 

1年生から3年生までの各学級から選ばれた代表が、全校生徒の前で、『私の主張』を行なうという行事だった。

 

ステージに掲示された演題は、当時の社会への中学生なりの問題意識を反映しているもの。

鹿島中学の3年生だった自分にとっても、ステージにならぶ発表者の間から見える名前は、懐かしい。

 

 

その中、面識はなかったが、2年B組の金◯さんは、後日自分が札幌の高校生だった頃、新聞紙上でその名前を目にすることがあった。

 

当時札幌の高校生になっていた金◯さんは、有島武郎青少年文学賞で受賞し、その作品とともに写真と名前が大きく掲載されたのだった。

 

故郷につながる名前を目にし、その快挙に驚くとともに、自分も励まされた記憶がある。

 

白黒写真に着色した画像

 

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。

twelve − 11 =

アップロードファイルの最大サイズ: 5 MB。 画像, 音声, 動画, 文書, スプレッドシート, 対話型, テキスト, アーカイブ, コード, その他 をアップロードできます。 Youtube、Facebook、Twitter および他サービスへのリンクは自動的にコメント内に埋め込まれます。 ここにファイルをドロップ