番外編••••••密かにささやかれるパリの3悪 その2|高橋正朝 #85

6471

前回、# 84 で、密かにささやかれるパリの3悪と書いたが、その1については、行政機関そのものであり、他の2つは、形式的には民間企業であるが、いずれも設立にあたっては、行政が主導的な役割りをした企業である。

   

再度、〘 密かにささやかれるパリの3悪 〙と呼ばれるものを列挙する。

   

その1が、G 省の出先機関。   

その2が、民間企業の航空会社のパリ支店。    

その3が、特殊な性格で創設された、銀行のパリ支店。

        

その2が、民間企業のツルのマークの航空会社のパリ支店であるが、そこに、日本人旅行者が行って、カウンターで何ごとかを問い合わせると、日本人担当者の応接態度がすこぶる良くない、ということを何回か耳にしたことがある。

   

マトモな日本人担当者もいるので、個体差、すなわち、個人差があるようだ。

もちろん、マトモな人のほうが多いだろうとは思うが ••••••。

    

私は、この航空会社の悪口を言った複数の人たちとは、アルジェリアとイラクのプロジェクトで出逢っているのだが、その人たちは、ニュースにもなっていた、イランの化学プラントの建設工事に関わっていた。

    

彼らは、ツルのマークの、その N 航空のことを言うときは、ボロクソに、悪しざまに言っていた。

    

イランの化学プラントが、完成まであと一歩というところでイスラム革命がおき、その混乱で、N 航空は、日本とイランとの間の定期便を飛ばさなくなった。

    

イランの内部が混乱しているのを見て、イラクのサダム•フセインが、昔、イランに奪われた領地を回復するとして、チョッカイを出し、イラン•イラク戦争が始まり、9割がた完成していた化学プラントが爆撃されてしまう。

    

N 航空は、紛争当地国には、飛行機を飛ばさない、ということになっている。

しかし、この決定は、N 航空が独自で決定できるわけがなく、G 省や他の行政機関との協議の結果だろう。

    

イランから、最後に脱出した人たちが帰国できたのは、トルコが救援したからだ。

その、最後に脱出した人たちの、何人かが、それぞれ、アルジェリアとイラクのプロジェクトにもいたので、話しが聞けたわけだ。

    

この事件は、大ニュースになっていたから、我々の年代は記憶しているでしょう。

    

この事件が起きたときは、まだ、ネットの時代ではなかったものの、誰かが、当時のことを記事にしていないかなぁ? と思い、検索してみたら、数は少ないがいくつかあり、そのなかの一つに、なかなかイイものがあった。

    

以下の文章で検索すると出てきます。

    

〈イラン•イラク戦争〉テヘラン残留邦人脱出の真相を考える   

 

記事を書いた人は、内容を担保するために、当時の、朝日新聞の一面の一部を、記事のなかに写し込んでいる。

この一部分の新聞記事は、画面をピンチアウトすると、活字がちゃんと読める。

    

注意 !!!

このネットの記事のなかには、いくつか広告がありますが、クリックしないのが無難です。   

 

この、日本人や日本の行政機関の現地の補助者が、紛争当地国から脱出することについては、日本の行政機関は未だにダメで、《 イラン•イラク戦争 》時のゴタゴタから、何も学んでいないように思う。

    

アフガニスタンしかり、今、世界中が固唾を呑んで見ている、ロシア•ウクライナ戦争しかりである。

 

(2022年4月2日 記)


 

 (筆者略歴)

 昭和23年11月に明石町生まれ。鹿島東小学校から鹿島中学校に進み、夕張工業高校の1年の3学期に札幌に一家で転住。以後、仕事の関係で海外で長く生活。現在は、タイ、バンコクで暮らす。



1件のコメント

  • いつかみたことことのある風景、既視感。
    いいことも悪いことも。
    人は変わっても、やること同じ。
    ヒトは、なかなかかわらないですネ。
    ちなみに、
    〈イラン•イラク戦争〉テヘラン残留邦人脱出の真相を考える 
    を書いた方の、ブログの別の記事、今回の記事とは関係ありませんが、
    札幌市営地下鉄東豊線の電車が、東西線を走っているという記事も地元民としては、面白く楽しめました。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。

7 + 2 =

アップロードファイルの最大サイズ: 5 MB。 画像, 音声, 動画, 文書, スプレッドシート, 対話型, テキスト, アーカイブ, コード, その他 をアップロードできます。 Youtube、Facebook、Twitter および他サービスへのリンクは自動的にコメント内に埋め込まれます。 ここにファイルをドロップ