大夕張劇場 映画の看板

4273

千年町大夕張劇場。右手が千年町駅、左手が鹿島東小学校方向。

ずらりと映画の看板が入り口の上に多数貼りだされている。

左から写真を拡大しながら、映画のタイトルを読んで行くことにしよう。

『遥かなる男』

〇七〇〇笠のような字が見える。絵は時代劇のようだが、わからない。

『雨情』

『土俵物語』

『水戸黄門』

夕◯の◯◯◯・・・、恋愛もののようだが、残念・・。

黒?い?◯神?・・・素敵な女性が主人公のようだが・・・。

その次は・・お手上げ。

次、夫婦もの???文字はまったくわかりません。

そして、有名な『青い山脈』

『遥かなる男』と『青い山脈』は当時大ヒットしたのでしょう、看板もとりわけ大きい。

 

下に、映画の紹介をのせたが、昭和32年頃の映画である。

大夕張劇場の窓口の看板や掲示も残念ながら読み取れないが、小さな窓口で券を買って入場するスタイルも懐かしい。

そういえば、映画は開始時間を調べて最初から終わりまでみるのが当たり前だが、当時は時間を気にせず途中から入場した。

そして同じ場面がきたら退場するというスタイルでみていた。人気があり込んでいたら立ち見で、席が空いたら座る、それが普通だった。

 

白黒写真に着色した画像

 

大夕張 千年町 大夕張劇場

看板にみる映画

【遥かなる男】東宝

放浪ヤクザのアクションドラマ

公開:昭和32年(1957年)東宝

監督:谷口千吉 助監督:岡本喜八

主演:池部良

【雨 情】東宝

野口雨情の放浪生活を描いた純愛作品

公開:昭和32年(1957年)

監督:時雨音羽

主演:森繁久彌・木暮実千代

【土俵物語】大映

『褐色の弾丸』と呼ばれた力士「房錦」本人が主演した「房錦物語」。栃錦、千代の山も登場。

公開:昭和33年(1958年)

監督:村山三男

主演:房錦

【水戸黄門】東映

同名の作品が、1940年・1957年・1960年・1978年に公開されているが、おそらく1957年のもの。月形龍之介映画生活三十八年を記念し、東映スターが総出演。

昭和32年(1957年)東映

監督:佐々木康

主演:月形龍之介

【青い山脈】東宝

石坂洋次郎原作の人気シリーズ。これも数多く製作されているが、1957年頃のものとすると、「青い山脈 新子の巻 雪子の巻」がある。

ちなみに原節子・池辺良の49年版、吉永小百合・浜田光夫の63年版は視聴済みだが、こちらはまだみたことがない。知名度的にも49年版と63年版に比べるとやや地味な感じ。

昭和32年(1957年)東宝

監督:松林宗恵

主演:宝田明・司葉子

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。

3 × 5 =

アップロードファイルの最大サイズ: 5 MB。 画像, 音声, 動画, 文書, スプレッドシート, 対話型, テキスト, アーカイブ, コード, その他 をアップロードできます。 Youtube、Facebook、Twitter および他サービスへのリンクは自動的にコメント内に埋め込まれます。 ここにファイルをドロップ