鹿島眺望公園 明石町

2635

2022年 5月6日「はじめて」鹿島眺望公園に行った。

心地よい陽射しもと心地よさに2時間もそこにいた。

その2時間の間、感じたことがいくつかあった。

 

平日にかかわらず、時折クルマやバイクが取りかかり、公園に立ち寄っていく。

若いライダーから、年配の方までいろいろだ。

 

駐車場近くには、眼前に聳える夕張岳の自然を紹介する看板がある。

それを見ながら夕張岳を眺めて、写真をとったり絵を描いたりという方もいた。

しかし、広い公園を歩いてまわる人はいなかった。

 

そもそも、この公園がなぜこんなに広いのか?

ここが、かつての高校の跡地だったというさえ知っている人がどれほどいるのだろうか。

 

 

故郷に向き合える場所として大夕張を遠くから訪れる人も多いだろう。

とりあえず、現地の碑の場所を示す『眺望公園案内』を作成した。

各『碑』の名称と配置図である。

尚、『現在地』としたのは、現在『夕張岳』の看板が立っている場所である。

 

今後、大夕張の各所にあった碑とその意味が、鹿島眺望公園とリンクすることを願う。

 

 

 

 

眺望公園案内

 

鹿島眺望公園 夕張岳を東に向かって
鹿島眺望公園 上の図『現在地』より、「ふるさと大夕張の碑」から「戦没者慰霊碑」まで8つの碑を見る

 

碑については、次回以降掲載していく。

 

 

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

17 − thirteen =

アップロードファイルの最大サイズ: 5 MB。 画像, 音声, 動画, 文書, スプレッドシート, 対話型, テキスト, アーカイブ, コード, その他 をアップロードできます。 Youtube、Facebook、Twitter および他サービスへのリンクは自動的にコメント内に埋め込まれます。 ここにファイルをドロップ