秋枯れの街へ その7 飛行機

14080

2023年11月21日、この時、旧礦業所のあった北栄町のあたりにいた。

 

空を見上げると夕張岳のそばを旅客機が飛んでいた。

 

気がついた時には、飛行機は夕張岳の正面を横切ろうとしていた。

  

たぶん飛行機の窓から夕張山地を見ている人たちには、右手の眼下に山々が見えているだろうと思われた。

   

『ふるさと大夕張』でも、長谷川さんや、Hiraikeさんの投稿で機上から夕張岳を見た話がある。それを思い出した。

 

どこから、どこへ向かう飛行機なのか。

 

この日午後12時51分、フライトの運行状況を手軽に追跡するアプリを使ってみたが、よく調べられなかった。

 

今は、搭乗前に航空会社のサイトでルート上で見える景色を知ることができるようになっている。

 

進行方向の左手に見えるのか、右手に見えるのか。出発地と到着地の検索で、そこまで知ることができるようだ。

 

夕張山地上空を通過する飛行コースはいくつもあるようだ。

 

南の方向からやってきた旅客機は、向きを変え、かつての礦業所の上空を西の方角に進んで行った。

 

  

  

子どもの頃大夕張で見た飛行機は、夕張岳と山神社の上空を一直線に横切っていった。

それ以外にもあったかも知れないが、覚えていない。

 

外で夢中になって遊んでいた時も、学校の下校途中だった時にも、上空に飛行機の音がすると、いつも首が痛くなるほど空を見上げた。

   

その頃、空は今よりもずっと、広く高く、その上を飛んで行く飛行機の姿は、あこがれのひとつでもあった。

  

 

2023年11月21日、午後12時51分 夕張山地をあとにして

 

 

 

 

ズリ山の上空を西の方角に向かっていった

 

 

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

アップロードファイルの最大サイズ: 5 MB。 画像, 音声, 動画, 文書, スプレッドシート, 対話型, テキスト, アーカイブ, コード, その他 をアップロードできます。 Youtube、Facebook、Twitter および他サービスへのリンクは自動的にコメント内に埋め込まれます。 ここにファイルをドロップ