昭和40年 啓心寮越しにみる夕張岳

628

冬の啓心寮  【飯田雅人】

富士見町にあった礦業所の独身寮だった啓心寮。その向こうに見える冬の夕張岳。写真の啓心寮は調理場等があった棟で,煙突からはボイラーの煙でしょうか,白い煙が見えます。屋根や煙突の軒下に下がるツララの大きさにも目を奪われます。建物手前の空き地には石炭やまきなどがいつも野積みされていました。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

five × one =

The maximum upload file size: 5 MB. You can upload: image, audio, video, document, spreadsheet, interactive, text, archive, code, other. Links to YouTube, Facebook, Twitter and other services inserted in the comment text will be automatically embedded. Drop file here