大夕張つれづれ■ネコの話■|高橋正朝 #26

1186

 私は子供のころからネコが好きでした。

 家でもネコを飼っていました。  
 4人兄妹弟でしたが、妹や弟は特にネコ好きということではなかった。

 ネコではあっても、誰が自分を可愛がってくれるのか分かるらしく、冬の夜、寒いときは寝ている私の枕元にきて、「 ニャ~ 」と鳴いて布団の中にもぐることをねだります。

 すぐ布団の中に入れ、喉をなでつけ、ネコはゴロゴロ音を立て、それを聞きながら寝入ったものです。

 飼いネコは、ネズミを捕獲すると、獲物を主人に見せに来ることがよくあるといいますが、家で飼っていたネコもそうでした。

 熱い国に住んでいる人々は、日常の動作が緩慢です。

 これは、健康のことを考えれば当然です。

 タイ人もそうです。暑い中で作業を継続的に行うには、やむを得ない。

 タイでは、熱いだけでなく、敬虔な仏教国でもあり、食べるものは仕方がないとして、殺生は可能な限りしないことが生活に根付いている。

 野良イヌもいじめられこともないので、のんびりしている、というか、グータラしている。

 ネコもグータラしている。

 私が以前住んでいたアパートは、歩く時間も考え、職場に近い所に借りていました。 そこは1~3階に、日系のスーパーや、日本語書店、ラーメン屋、居酒屋、床屋などがあり、1階には喫茶店がありました。

 ある日の日曜日、私はあまり冷房は好きではないので、喫茶店の外の席でコーヒーを飲んでいました。

 すぐ傍らにはネコが1匹うたた寝。

 実にのんびりした朝でした。

 突然、うたた寝していたネコがすぐ横の壁に向かってダッシュしました。  
何事かと思ってそこを見ると、 ネコがネズミを獲ったところでした。

 いつもはグータラしているネコなのに、そのダッシュの素早さには驚きました。本能なんですネ。

 驚きはまだ続きました。

 ネコは、捕獲したネズミを殺してはいなかったのです。ネズミが逃げようとして30センチぐらい動くと、ネコが爪で引掻きます。いたぶっているんですネ。オモチャにしている。

 小説の暴力シーンで、「 ネコがネズミをいたぶるように・・・・・・ 」という表現が出てくることがありますが、実際に見たのは初めてでした。

 デジカメをいつも腰に携帯しているので、 すぐに連続写真をとりました。 
その場所は、 バイクタクシーの乗り場でした。

 バイクタクシーというのは、料金を払ってオートバイの後部座席に乗るシステムです。そこに屯していた運チャンが、ネコからネズミを取り上げ、そのネズミを手の中で労わって他の場所に持っていきました。

 これにも驚いたけど、これはこの運チャン個人の性格からきているか、もしくは、極端に敬虔な仏教徒だったのかもしれない。

 他の5~6人の運チャンは、ネコがネズミをいたぶるのを見ていただけでしたから。


高橋 正朝 ( たかはし まさとも ) 2013/05/18 _ 11:40:42

昭和23年11月に明石町生まれ。鹿島東小学校から鹿島中学校に進み、夕張工業高校の1年の3学期に札幌に一家で転住。


大夕張つれづれ

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

5 + 11 =

The maximum upload file size: 5 MB. You can upload: image, audio, video, document, spreadsheet, interactive, text, archive, code, other. Links to YouTube, Facebook, Twitter and other services inserted in the comment text will be automatically embedded. Drop file here