遠幌駅構内

3107

昭和35年頃

遠幌構内積下   【本間正雄】

 遠幌駅構内積下は昭和35年前後で、この時期大夕張炭鉱の奥部立坑が、八百五十の近くに建設中で、遠幌からエンホロカベツ川沿いの林道から建設資材を運搬しました。

 遠幌駅構内はその時の骨材の積み下ろし作業です。

1件のコメント

  • 遠幌保育園の後方に「遠幌会館」が建っていますね。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。

19 − 8 =

アップロードファイルの最大サイズ: 5 MB。 画像, 音声, 動画, 文書, スプレッドシート, 対話型, テキスト, アーカイブ, コード, その他 をアップロードできます。 Youtube、Facebook、Twitter および他サービスへのリンクは自動的にコメント内に埋め込まれます。 ここにファイルをドロップ