シューパロ湖畔のラッセル

393

 昭和47年(1972年) 冬。大夕張鉄道・キ1が、青空の下、シューパロ湖畔を進行中。 左手のシューパロ湖も凍結し、新雪に覆われています。美しい風景の中を羽根を広げ、悠然と雪を書き上げながら走ります。

ラッセル車現役の頃 【長谷川 潤一】 1998年11月30日

南部に置いてぼろぼろになってきたラッセル車の現役の頃の写真です。

炭山に向かう、帰りの一仕事の途中です。

シューパロ湖の北側あたりです。


キ1は、退役後、旧南大夕張駅構内に長いこと放置状態にありました。

1998年冬、大雪のため、倒壊の危機にさらされたことをきっかけに、保存活動が始まり、2021年現在、同地にて整備保存されています。

詳しくはリンクのページから『三菱大夕張鉄道保存会』のページへどうぞ。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

3 × one =

The maximum upload file size: 5 MB. You can upload: image, audio, video, document, spreadsheet, interactive, text, archive, code, other. Links to YouTube, Facebook, Twitter and other services inserted in the comment text will be automatically embedded. Drop file here