食憶(その2 食堂のお話)|長谷川潤一 

919

 一回目の投稿からだいぶ間が延びました、のびついでの話でラーメン話を。


 当然のこと、池田屋さんは幅広いメニューでメジャーでした。

 思い出すのは、薄口色のスープのラーメン、ゆで卵などを抜いた「かけラーメン」、値段を抑えた「学生ラーメン」。

 そして永遠に忘れられない味なのが、たこ頭型の銅板焼き饅頭「ぱんじゅう」です。

 一個5円でした!

 が、後に7円になって10円玉で2個食べられなくなりショックでした・・・。ちょっと下がったあいばさんは、少し辛目のカレーやカツ類などが美味しかったと憶えていますが、育ち盛りで何でも美味しかったです?。

 それとやはり5円10円売りのアイスキャンディ類が忘れられない味です、今年のように暑いとなおさら思い出します。

 が、しかし、後発ながら私目にとって非常なインパクトをばもって現れたのが、だるま屋さんでありました。

 濃い口辛目の「みそラーメン」の登場です!! 

 スープひと口でホカッときて、麺は硬めで濃い黄色、ごま風味の油が膜になり、深めのドンブリで「はーい熱いですよー」とテーブルに置かれたラーメンは、ほんとにアツアツ。

 フーフーさます甘口猫舌の子供なんんかは来るんじゃねーと言っているようでした。

 口んなかの皮が剥けるくらいの勢いで食べるという、狭い店内で寄り添うように食べる「大人の味のラーメン」でした。

 暑さも終わり?ラーメンの季節に入ってきましたようで、主観100%の食憶でした。

 若菜に「ぱんじゅう」屋さんがあるんだけど、最近どなたか、お口に召されましたでしょうか?・・・

(1999年09月12日 記)


コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。

two × 1 =

アップロードファイルの最大サイズ: 5 MB。 画像, 音声, 動画, 文書, スプレッドシート, 対話型, テキスト, アーカイブ, コード, その他 をアップロードできます。 Youtube、Facebook、Twitter および他サービスへのリンクは自動的にコメント内に埋め込まれます。 ここにファイルをドロップ