大夕張駅構内

545

昭和48年の大夕張駅構内。

左に駅舎、続いて鹿島通運。

右に倉庫・精米所が見える。

 

向かって左の側線が、フレンド裏の石炭置き場に伸びていた。

踏切のそばにあった富士見町詰所のあたりから、作業の様子をよく眺めていたなあ・・・。

白黒写真に着色した画像

 

ブログ『煙の記憶』より

下は、大夕張鉄道の配線図

左側が鹿島通運の建物。線路の並びから撮影した場所が見当がつく。

『RM LIBRARY47 三菱鉱業大夕張鉄道』 所収の図から

 『海も好き』さんが撮影していた場所を、ふり返って幼稚園方面を撮影したと思われる写真があった。

 長谷川潤一さんの『じゃじゃぽっぽ』の最後のページ、17ページの写真だ。このあたりで、『海も好き』少年がカメラを構えて撮影したのだろう。

 二つの写真を交互に眺めていると、当時の距離感というか、土地勘がよみがえるようだ。

『じゃじゃぽっぽ』17ページ掲載写真

 

この写真が掲載されている『海も好き』さんのブログはこちらから

煙の記憶道内のSLを撮影してます。三菱大夕張鉄道など古い順から投稿します。時々、変化球があるかも・・・
煙の記憶 umimosuki623.blog.fc2.com
煙の記憶

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

twelve + three =

The maximum upload file size: 5 MB. You can upload: image, audio, video, document, spreadsheet, interactive, text, archive, code, other. Links to YouTube, Facebook, Twitter and other services inserted in the comment text will be automatically embedded. Drop file here