坂本弁護士の奥様について|乗田功一

1325


 オウム事件で坂本弁護士一家が犠牲となるという忌まわしい事件からちょうど9年ということですが、弁護士の瀧澤秀俊さんが、この事件をテーマにしたHPを立ちあげています。

 


坂本弁護士一家殺害事件 5年10ヶ月の軌跡 (dti.ne.jp)

 

 その中で「都子さんへの追悼文集」というページに、18年前、坂本弁護士の奥様である都子さんが立教大学在学中にボランティアで大夕張で活動されたことが書かれています。

 
www.mars.dti.ne.jp/~takizawa/satokotuiou.html

  

 立教大学生が、大夕張でボランティア活動を行ったということは、以前KAZさんが『昭和50年代大夕張と大聖寺解体法要』の中で、詳しく書いて下さったので知っておりましたが、あの坂本弁護士の奥様がそのメンバーだったということにとても驚きました。

 

 スキー場の草刈りや、廃線後の駅舎のペンキ塗りなど、都子さんが過疎の地域活性のために真剣に、そして精力的に取り組まれていたことが語られており、都子さんのすばらしい人柄が伝わってきます。

 

 ぜひ、ご覧になってください。

 

 亡くなられた坂本弁護士ご一家のご冥福をあらためてお祈りいたします。

 

(1998年11月5日 記)


随想

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。

18 + 15 =

アップロードファイルの最大サイズ: 5 MB。 画像, 音声, 動画, 文書, スプレッドシート, 対話型, テキスト, アーカイブ, コード, その他 をアップロードできます。 Youtube、Facebook、Twitter および他サービスへのリンクは自動的にコメント内に埋め込まれます。 ここにファイルをドロップ