昭和30年代 千年町商店街

265

あまり画質は、よくないけれど、昭和30年代の千年町の写真は

自分的には貴重なので、掲載していくことに。

 

TVの映像からスキャンしたもので、当然ながらオリジナルの画像はもっと鮮明でしょう。

 

千年町のスズラン型の街路灯が、昭和30年代の千年町商店街らしい。

 

「千年町バス通り」(富田商店・割烹スミレ・井若たばこ屋)の三軒が、右手にみえる。

左手の相馬屋旅館のあたりは、千年町商店街 風船行列 で確認できた。

左手四、五軒先に、大きな「クスリ」とかかれたような看板が見える。薬局があったのだろうか。

 

昭和4年の指定商の位置図を見ると、このあたりに「中川(薬局)」とある。

ここは、閉山近くまで「大井質店」があった場所だ。 

指定商の一人だった大井鉄平(土建)氏が没後、大井組は土建業を廃業した。

昭和30年代に鉄平氏の娘さんが、「中川(薬局)」のあとに入り、大井質店を開業した。当時から蔵のある大きな建物だったそうである。

 

白黒写真に着色した画像

「クスリ」の看板がよく目立つ 

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

1 × 2 =

The maximum upload file size: 5 MB. You can upload: image, audio, video, document, spreadsheet, interactive, text, archive, code, other. Links to YouTube, Facebook, Twitter and other services inserted in the comment text will be automatically embedded. Drop file here