マラソン大会(錦町)

1940

昭和45年初秋 鹿島中学校のマラソン大会

 

鹿島中学の卒業アルバムからの一コマ。

今となってはマラソンコースがどこをどう走ったのか、栄町方面にまで走っていった?

この写真は宝町の図書館から宝町生協、宝町浴場の横をとおり、錦町の方に出てきた地点。

記憶では、自分は折り返していたように思える。

コースはもっと長かったようにも思う。でもマラソンの苦しさ辛さが、記憶の中で距離を長いものにしているのかもしれない。

ポイントには先生方が立っていて、ここではマラソンを欠席した女子が、声援とともに、手の平にマジックでチェックをつけてくれた。

今なら、マラソン不参加の生徒に、「いいなあ、おまえら」とでもいいそうなものだが、不思議と当時は、そんなことは思わなかったし、周囲の男子にもそう言っていた子を見た覚えはない。

 

鉄道線路の道路脇に沿って、ずいぶんと地域の人たちが、応援してくれていたんだなあ、と今になって思う。そんなことも、走っている自分には、余裕がなく眼に入らなかったのだろう。

白黒写真に着色した画像

大夕張 マラソン大会
線路をはさんで向こうは錦町の住宅

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。

1 + two =

アップロードファイルの最大サイズ: 5 MB。 画像, 音声, 動画, 文書, スプレッドシート, 対話型, テキスト, アーカイブ, コード, その他 をアップロードできます。 Youtube、Facebook、Twitter および他サービスへのリンクは自動的にコメント内に埋め込まれます。 ここにファイルをドロップ