緑町3丁目15番から|Kawauchi Masami

1658
昭和34年頃 家の物干しにつかまって

東京の兄が、カラー化してくれた写真です。


緑町3丁目15番から、緑町4丁目方面の撮影です。


3丁目と4丁目の間には、少し坂が有りました。

なので4丁目の屋根が写っています。

 

写真で緑町を見ると 3丁目は19番で終わっています。


3丁目と4丁目の間の坂は16番が、きつく10番辺りで坂が無くなり、3丁目と4丁目平らになっていました。

私が1番印象強いのは協和会館から、三橋美智也さんの『大夕張の歌』「シューパロに風渡り〜」が流れていました。

幼稚園の頃 メロディーは覚えていました。

4丁目は16番で終わりでした。 



外トイレも懐かしいです。

トイレの入り口は、反対側です。


次男と私です。

家の前の物干し竿に、掴まっていますね。


3月頃でしょうか。

トイレの屋根に雪が見えます。

見えているトイレは14番のです。

よく見ると4丁目14番のトイレの屋根が見えますね。

ウチもそうでしたが4丁目のトイレの入り口は縦に代わっています。

長屋の方に入り口が有りました。

 

昭和36年、大きい台風(第二室戸台風)が来て、うちのトイレが長屋の方へ倒れたのを覚えています。

台風の前の日に、窓に親父が板を張っていました。

凄く、騒いでいたの覚えています。

台風の後、町中のトイレを、カスガイで止めていました。

航空写真で位置を示すと写真は、次の場所になると思います。

 緑町4丁目から、便所場球場へ向かって行くと、灰を捨てた崖があります。

 4丁目16番の横から崖の下に降りる坂が有りました。

 坂道は両方から笹が生い茂り、笹のトンネルをくぐる様に通り下に行きました。

 崖下には草が無くなり下から湧き水がわいていました。

 そこは防空壕の埋めた後と、聞いた事がありますが定かではありません。

 3丁目と2丁目の間にも下へ降りる道があり、下まで行くと宝沢の沢があり、沢を登ると以前話した、トンネルが有ります。

 

 (2022年3月3日 記)


 

(筆者紹介)

昭和29年6月生まれ三男として 南清水沢で生まれ、2歳の時、緑町に、のち春日町で18歳まで大夕張で暮らす。昭和48年、一時大阪へ転出するが、昭和50年帰郷、南大夕張鉱業所ヘ就職し、平成2年3月の閉山まで勤務。


思い出の記

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。

eleven − two =

アップロードファイルの最大サイズ: 5 MB。 画像, 音声, 動画, 文書, スプレッドシート, 対話型, テキスト, アーカイブ, コード, その他 をアップロードできます。 Youtube、Facebook、Twitter および他サービスへのリンクは自動的にコメント内に埋め込まれます。 ここにファイルをドロップ