祖父のこと|成瀬健太

1981

 
 私は名寄に住む者です。


 自衛隊に身を置いていますが、趣味が炭鉱遺跡巡りなので休暇を用いて知人と共に訪れています。

 鹿島地区も何度か探訪したことがあります。

 
 実は、私の祖父がかつて大夕張に身を置いていました。

 
 戦時中に、挺身隊で昭和17年に大夕張入山し、翌年3月感謝状を授与されました。

 「産業戦士」として国のために頑張っていました。


 しかし平成12年に癌で亡くなり、この事を知ったのは祖父の死後です。

 
 今思えば、話を聞いておけば良かったですが同時に不思議な縁を感じます。

 
 このホームページはずっと眺めていましたが、記帳したく思いました。

 

 私も炭鉱のサイトを運営しています。実はホームページを立ち上げた当初は廃墟ばかりあげていましたが、炭鉱遺跡に目覚めてからは炭鉱遺跡を中心に撮影し、歴史も調べようと各市町村に問い合わせたりしています。

 

(2006年7月24日 記)

※成瀬さんが、その後祖父成瀬政夫さんのことについて調査し綴ったブログがあります。詳しく知りたい方は、こちらもご覧ください。(Masa)

日本の過疎地 祖父 成瀬政夫と大夕張 (fc2.com)


随想

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。

five + 11 =

アップロードファイルの最大サイズ: 5 MB。 画像, 音声, 動画, 文書, スプレッドシート, 対話型, テキスト, アーカイブ, コード, その他 をアップロードできます。 Youtube、Facebook、Twitter および他サービスへのリンクは自動的にコメント内に埋め込まれます。 ここにファイルをドロップ