人生で一番、楽しかった頃 | 村岡(旧姓・雨森)由喜夫

2215

 昭和20年代後半に遠幌の炭鉱住宅に住んでいました。

 父は雨森康男、中学校の先生(英語)、母は艶、大夕張炭鉱診療所で歯科医。

 

 私と弟は遠幌保育園でした。

 雪の情景が、あの頃ラジオから流れた「雪の降る町」の唄と共に必ず瞼に浮かびます。

 
 小学校の裏には熊が出るので銃を構えた案山子があったこと。

 
 住宅の裏は、夏、谷間で山葡萄を採っていたら蛇の出遭い、木から落ちたこと。

 
 冬はこの凍った谷川を馬車がシャンシャンと走っていました。

 
 保育園の課外では、この住宅裏がスキー場に。

 遊びすぎて、凍てついた手を垂れながら、弟と泣きながら家に駆け込み、ダルマストーブで暖を取ったこと。

 
 玄関が雪で埋まり、窓から出入りしていました。

 家で使う石炭、冬時飼っていたクロを使って、犬ソリで運んでいました。

 
 ソリの後ろに掴まっていたらステンと転んで、バケツの取っての針金が顎に刺さり、ワンワン泣いたこともあります。

 

 隣の隣にはブンちゃんという友達もいました。

 
 母や弟と清水沢から遠幌まで線路伝いに歩いたことも。

 
 途中のトンネルや鉄橋が怖かったこと。

 
 大きなダムがあったことも覚えています。

 

 卒園前、稚内に引越しすることになったのですが、園の皆さん全員が、遠幌駅のホームに立って私たち家族を見送ってくれた事。


 あの情景は今でもありありと浮かんできます。

 

 母は86歳。

 今でも現役で歯科医を山形県酒田市で「雨森歯科医院」としてやっています。

 
 私が小学校3年生の時に両親は別居&離婚。

 
 遠幌に居る頃が両親も揃っていて一番楽しい想い出だったし、私の人生の大切な大切な原風景になっています。

 

 故郷よ、遠幌よ、有難う! 

 2005年7月31日に夕張岳に登ります。

 
 下山したら、ゆっくり遠幌(駅跡、保育園跡、小学校跡)と今はない大夕張の町があったダムを歩きます。

  
 村岡由貴夫  福岡市在住。 山岳ガイド事務所アンデニスタクラブ主宰

(2006年7月6日 記)


随想

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。

3 × two =

アップロードファイルの最大サイズ: 5 MB。 画像, 音声, 動画, 文書, スプレッドシート, 対話型, テキスト, アーカイブ, コード, その他 をアップロードできます。 Youtube、Facebook、Twitter および他サービスへのリンクは自動的にコメント内に埋め込まれます。 ここにファイルをドロップ