三菱・夕鉄 バス停留所

1453

昭和の大夕張、バス停留所を作って(描いて)みた・・・。

地図のネタになるか、空想の街のジオラマを彩る一素材になるのか。

用途は定かではない笑。

 

それはともかく実際の写真やビデオに写りこんでいるものを参考にした。

昭和30年代から昭和40年頃の自分がいた街がベースになる。

当時の三菱バス停の標識は、赤白のイメージだった。

美鉄バスの大夕張退去時のバス停の色は白赤反転していた。

 

三種類のバス停の標識があるが、右が、夕鉄バスで、左二つが三菱バス(のつもり)である。

夕鉄のバス停はやや大きめで背が高い。それは、平成の頃のはなしで、昭和の頃はどうだったのかは、まったくわからないが、一応そうしておく。

 

「大夕張」は、夕鉄の文字はカチッとした印刷調で、三菱は手書き風。

 

夕鉄は平成の頃は、ロゴがついているが、この頃はまだついていなかった(はずである)。

 

三菱バスの停留所のうち、左は、バス路線がなくなる迄「湖畔」にあったバス停の薄れて消えそうな文字を参考にした。

真ん中の三菱バス停は、チラッとうつるビデオの中の一場面や、写真から復元した。

 

三菱バスの時刻表示板も縦に長かったよなあ、ということでそんな感じにした。

 

まあ、当たらずとも遠からずというところだろうか??

 

 

当時の写真やはっきりうつっている資料があれば、教えてもらえると嬉しいです。

ちなみに昭和48年の頃の写真を見ると、大夕張駅前、保養所前には、すでに立派なバス待合の建物(小屋)ができている。

この待合、この頃たぶん完成したんだろうか。

自分には雨に濡れて傘をさしてバスを待ったことはあっても、使った記憶はないのだが・・・・。



備忘録

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。

seven + 7 =

アップロードファイルの最大サイズ: 5 MB。 画像, 音声, 動画, 文書, スプレッドシート, interactive, テキスト, アーカイブ, コード, その他 をアップロードできます。 Youtube、Facebook、Twitter および他サービスへのリンクは自動的にコメント内に埋め込まれます。 ここにファイルをドロップ