森林鉄道の記憶 林鉄機関車3

3308

 

昭和35年、南大夕張貯木場。

 当時の南大夕張営林署勤務の方たち。

 前回の『森林鉄道の記憶 林鉄機関車2』の写真に続く、機関車のノーズ部分のようだ。

 前回の『森林鉄道の記憶 林鉄機関車2』で機関車は『野村プリモス型』で、野外博物館「北海道開拓の村」山村群にある森林機関庫に展示されているものと同型だろう。』とかいたが、西宮後さんという方から 

『30号機とあるので野村組工作所製の野村型より大型の1957年9月酒井工作所製7tディーゼル機と見られます。森林鉄道廃止後これと同一個体と見られる機関車が車輪の幅を拡げ北炭真谷地、北炭夕張新鉱の引き込み線で除雪機関車として使用されたと聞きます。』

というコメントをいただいた。

 貴重な情報をありがとうございます。

 

 

『酒井工作所製7tディーゼル機』で検索をかけると、なるほどたくさん出てくる出てくる・・・。

 

 森林鉄道の機関車も模型にもなっているようで、この世界の奥深さを実感。

 

 模型の写真をみていると、緑あふれる森の広場に木材や線路があり、機関車や、資材を運ぶ車両、トロッコが配置されている情景が思い浮かぶ。

 

 そんなジオラマの世界に、大夕張の思いを重ねていくとすごくそれも魅力的だなあ・・・と思う。

 

 が、カネもジカンももうそこそこしかないのだった。それ以上考えるのを止めよう。

白黒写真に着色した画像

 

白黒写真はこちらから↓

 

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。

nine − four =

アップロードファイルの最大サイズ: 5 MB。 画像, 音声, 動画, 文書, スプレッドシート, 対話型, テキスト, アーカイブ, コード, その他 をアップロードできます。 Youtube、Facebook、Twitter および他サービスへのリンクは自動的にコメント内に埋め込まれます。 ここにファイルをドロップ