富士見町6丁目の記憶

3534

 

 昭和40年(1965年)頃 富士見町


 私が富士見町6丁目に住んでいたのは小学校入学前あたりから,小学校3年生の頃まで。

 鹿島小学校から帰る時は、校門を出て大夕張鉄道沿いの道を歩き、そこから山の方の坂道を上った。

 反対に、鹿島小学校に行くには、そこから4丁目のあたりまで坂道になっていた。鉱業所に向かうには、やはり東に向かって坂道を下る、いずれにせよ出かけるときは走って下る爽快感、帰りは急な坂道を上らなければならなかった。

 

 

 二軒一戸建で、山側と東側に玄関があった。

 東側には田中さん兄弟が住んでいた。

 2才くらいそれぞれ年上だったが、私たち兄弟とけんかもしたが、仲よく遊んだ。

 

 家の一番おくの部屋の床の間をたたくと、隣の家に伝わり、それを合図に声を掛け合って外で遊ぶのが約束事のようになっていた。

 それ以前は、まだ山の方に住宅があったようで、取り壊された住宅の空き地が高台のように存在していて、そこから山にかけていい遊び場だった。

 日が暮れるまで遊んだ。

  

 ぜんまい、ワラビ、つくし、ウド、ふきといった山菜を採って帰った。

 

 夏はクワガタ取り、沢でのザリガニ、カエル、水をせき止めてのダム遊び

 特に、腐った倒木の幹を割ってクワガタの幼虫を見つけた時には、心が躍った。

 一年を通じて昆虫や動植物の宝庫だった。

  

 写真の場所は、山の斜面をちょっと登ったあたりから、富士見町住宅、炭鉱病院を見た景色と重なる。

白黒写真に着色した画像

 

 山に向かって玄関。目の前に沢。そこから八百五十につながる山の斜面。

 

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

10 + twelve =

アップロードファイルの最大サイズ: 5 MB。 画像, 音声, 動画, 文書, スプレッドシート, 対話型, テキスト, アーカイブ, コード, その他 をアップロードできます。 Youtube、Facebook、Twitter および他サービスへのリンクは自動的にコメント内に埋め込まれます。 ここにファイルをドロップ