たなばたの思い出|小野美音子

810

 緑ケ丘のブロック2棟8軒で、心に残る七夕があります。

 

当時小学校6年生の兄が企画し、音頭を取って、皆が楽しみました。

 兄達が大きめの笹を用意し、皆に願い事の短冊を書くように言いました。

 そして、それは2階の星山さんへの階段のところに、きれいに飾られました。

 

 リンゴ箱のステージで、小さい子供たちに歌うよう兄が司会をしました。

 

 なんと、ごほうびがでるというのです! 

 

 ゆかたを着てる子もいてムード満点。

 

 木下兄弟や関村姉弟、私達兄妹は、恥ずかしながら、ごほうびにつられて、一生懸命に童謡を歌いました。

 見物人の親達も、楽しそうに拍手~拍手~。今は亡き川添登志子先生や、関村さんのおばさんの姿もありました。

 

 

 茶封筒に入ったごほうびの正体は、兄達が机の引き出しをゴソゴソして見つけた、使いかけの鉛筆にサックをはめたもの、古そうな消しゴム、中軸の調子の悪い万年筆。

 

 
 木下さんも供出してくれて、そちらはもう少し良い物でした。

 

 それを嬉々としてもらった素朴な子供達。

 

 緑ケ丘の雰囲気がなごやかな時代の思い出です。

 

(2001年7月7日 記)


 

思い出ばなし

 

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。

seventeen − nine =

アップロードファイルの最大サイズ: 5 MB。 画像, 音声, 動画, 文書, スプレッドシート, 対話型, テキスト, アーカイブ, コード, その他 をアップロードできます。 Youtube、Facebook、Twitter および他サービスへのリンクは自動的にコメント内に埋め込まれます。 ここにファイルをドロップ