白金望郷之碑

10199

訪れたのは夏の終わりが近い2022年8月22日。

快晴の青空の下、心地好い汗が噴き出す。

 

本当は、厳冬の雪風の吹きすさぶ中、訪ねてくるのが、開拓の歴史の垣間見る良い機会なのかもしれない。

しかし現実は、冬季間は明石町の鹿島眺望公園から先の白銀橋に至る道路は閉鎖されていて、ここに来ることはできない。

 

裏面には、開拓・白金の地で47年の歴史を閉じることになった住民の名前が刻まれる。

 

一人一人のお名前が背負った家族の悲喜交々、仕事の苦労や喜び。自分には想像もつかぬことと知りつつ、それでも尚思いをめぐらせ、碑の前でしばらく時間を過ごしたのだった。

  

2022年8月22日撮影

 

 

 

碑文 裏面

碑文

 白金望郷之碑

 平成八年十月

 鹿島農事組合

 夕張シューパロダム

 鹿島農地対策協議会

 

 小林和拓

 古田サダ子

 濱野野隆行

 中松康治

 森元繁

 田坂啓一

 吉田仁

 山田昇

 山田優

 山田義雄

 中松勇治

 佐藤孝則

 服部喜三郎

 関口廣富

 佐藤泰幸

 藤田光雄

 谷川栄子

 

 

 

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

アップロードファイルの最大サイズ: 5 MB。 画像, 音声, 動画, 文書, スプレッドシート, 対話型, テキスト, アーカイブ, コード, その他 をアップロードできます。 Youtube、Facebook、Twitter および他サービスへのリンクは自動的にコメント内に埋め込まれます。 ここにファイルをドロップ