大夕張駅上空から

1836

昭和35年頃の大夕張。昭和33年に建設された鹿島小学校の校舎は映っていますが,大夕張駅前の道路はまだ未舗装のようにみえます。岳富町の商店街もまだ線路側に軒を連ねています。この他,鹿島小の土手側には昭和32年に千代の山一行が巡業したという土俵や(のち聖心幼稚園建設で取り壊し)グランドの一角に大きな木の枠組みのようなものが作られています。大夕張駅ホームには何両もの石炭車をひいた蒸気機関車が入っていて,見ているだけで大夕張のさまざまな記憶をよびおこす写真です。

【奥山道紀さん】

9200形蒸気機関車を先頭に客車4両、その後に無数の石炭貨車が続いており炭鉱の隆盛が偲ばれます。

【准ちゃんさん】

これほど見飽きない写真はありません。
もっと隅々までシャープに写っていればなお良かったけど、そんなことも含めて「私が生きてきた時代とは?」と、考えさせられます。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。

fourteen − two =

アップロードファイルの最大サイズ: 5 MB。 画像, 音声, 動画, 文書, スプレッドシート, 対話型, テキスト, アーカイブ, コード, その他 をアップロードできます。 Youtube、Facebook、Twitter および他サービスへのリンクは自動的にコメント内に埋め込まれます。 ここにファイルをドロップ