大夕張つれづれ■藤野先生を訪ねて■|高橋正朝 #22

3222

 本日( 11月24日 )、 札幌にお住いの 藤野真一 先生を訪問しました。先生は、私が鹿島中学校3年生のときの担任で、教科としては理科を担当していました。

 夕方の4時ごろに辞去したのですが、そのとき、タクシーを呼んでもらい、タクシーに乗り込んで運転手さんと雑談を始めました。

 なんと、その運転手さん、大夕張の出身者でした。

 昭和21年生まれとのことでしたから、私より2歳年上です。

 名前は 永原和夫さん。 永原覚さん、 永原伸二さんとは従兄弟だそうです。藤野先生は、 どこかに出かけるときは、 そこのタクシー会社をいつも使うので、本日もタクシーを電話で呼んだところ、 2~3分ぐらいで到着したのですが、 運転手の永原和夫さんは、 鹿島中学校のときは、 理科は武田先生に教わったとかで、 藤野先生のことは知らなかったそうです。

 私は、 武田先生が柔道部の顧問をしていたのを、知ってはいましたが、 教わったことはありません。

 地下鉄のすすきの駅まで運んでもらったんですが、 車中、 互いの知っている人物について話がはずみました。

 覚えのない人でも、 大夕張出身者に出会うと、 故郷の話となり、 やはり懐かしい。

 今回札幌にきて、 会った大夕張時代の友人の一人は、 大夕張での仕事の関係で寒暖計を毎日チェックして記録したりしていたので気温については記憶があり、 我々が子供時代に大夕張にいた頃の真冬には、 -30℃ぐらいあったそうです。

 ここ2~3日の札幌は0℃前後で、 子供時代の寒さから比べれば大したことはないはずですが、いつも暖かいところで過ごしている我身にとっては、 とても寒く感じます。

 11月30日にバンコクに戻りますが、 真冬でも、 バンコクの日中は Tシャツ1枚での生活です。


高橋 正朝 ( たかはし まさとも )2012/11/24 _ 22:02:04

昭和23年11月に明石町生まれ。鹿島東小学校から鹿島中学校に進み、夕張工業高校の1年の3学期に札幌に一家で転住。


コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。

11 + 19 =

アップロードファイルの最大サイズ: 5 MB。 画像, 音声, 動画, 文書, スプレッドシート, 対話型, テキスト, アーカイブ, コード, その他 をアップロードできます。 Youtube、Facebook、Twitter および他サービスへのリンクは自動的にコメント内に埋め込まれます。 ここにファイルをドロップ