吉井快生堂・エルボン

2015

昭和40年代、大夕張の駅前通り。大夕張郵便局から続く商店街。炎天下、水遣りのあとだろうか、道路が水に濡れている。北海道の山間の町でも短い夏の陽射しは強かった。


吉井快生堂の栓抜き 【泊川俊徳】(2006/06/19(Mon) 11:27)
 毎年 正月初売りには景品が貰えると言うので、たいして必要でもないのに、家族が二度、三度、何かを
買いに行ってました。

 吉井さんの店名の書かれた、栓抜きが家にあり、まだ使ってます。

 40年以上前の栓抜きですね。


    
『大晦日の奇跡』とエルボン  【親不孝者】 ( 2006/06/01(Thu) 17:13) 

 大晦日の奇跡を初めて読みました。

 自分とその家族で、大夕張に住んでいた18年間の生活と交錯する自分に、妙な感覚さえ覚えました。

 当時、日々の生活の中で両親に感謝の気持ちがどれほど有ったのか・・・

 今、私は家庭を持ち、孫もおります。

 ここ数年の間に両親も他界致しました。

 大晦日の奇跡を読ませて頂き、出来るならばその主人公になって、当時の両親にもっともっと感謝の気持ちを伝えに戻りたい・・・・・


    
吉井快生堂とバー・エルボン 【田鎖加代子】
 吉井快生堂は薬局でしたか? 小学1年くらいの時に姉と二人で塗り薬を買いに行った事があります。

 店に置いてあった天秤量りが珍しくて、眺めていた記憶があります。
 それと、この写

真を見てアッと思いました。

 以前読んで切なさで胸が一杯になり涙が出てきた、「イリュージョン/大晦日の奇跡」に登場する「エルボン」は大夕張に実在していた店だったのですね。

 この写真と、美しい童話のような物語を結びつけてくださったことに、脱帽です!


コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。

fifteen − 7 =

アップロードファイルの最大サイズ: 5 MB。 画像, 音声, 動画, 文書, スプレッドシート, 対話型, テキスト, アーカイブ, コード, その他 をアップロードできます。 Youtube、Facebook、Twitter および他サービスへのリンクは自動的にコメント内に埋め込まれます。 ここにファイルをドロップ